top of page
養成コース: ようこそ
ピラティスマットを持つ女性

「好き」を深めたら
​もっと好きになった。これからは​
自分らしい働き方へ。

STOTT PILATES  インストラクター養成コース

​®

​世界標準のクオリティの高い教育

お気軽にお問合せください

®

LOGO 01_edited.png
Line-01.png

STOTT PILATES   が選ばれる理由

Pilates Workout_edited_edited.jpg

世界で通用する国際資格

STOTT PILATES®養成コースは世界100か所以上で開催されており、65,000人を超える生徒を輩出してきた実績があります。「ピラティス界のアイビーリーグ(名門校)」とも評される、知識と技術のノウハウを受講することができます。

01

Pilates Class on Reformers_edited_edited.jpg

STOTT PILATES®の教育は、ピラティスの創始者であるジョセフ・ピラティス氏の教えに忠実でありながらも、現代の運動科学を取り入れ、進化し続けています。実証を重ねた確かな原則に基づいたカリキュラムです。

現代的な運動科学と
オリジナルの融合

02

Pilates Trainer_edited_edited.jpg

求められているのは、リハビリから怪我を防止したいアスリートまで多様なニーズに合わせて指導アプローチを調整できるインストラクター。STOTT PILATES®なら確かな技術が身につきます。

幅広い人へ対応できる
確かな知識

03

Maternity Yoga Private Class_edited_edit

ピラティスインストラクターにとって資格取得は目的ではなくスタートです。STOTT PILATES®には資格取得後に継続的に学習できる環境があります。150以上の豊富なワークショップをオンラインや対面にて受講できます。

成長し続けるための
豊富な継続学習

04

STOTT PILATSが選ばれる理由
Line-01.png
LOGO 01_edited.png

 当スタジオの特徴

当スタジオは

横浜初 

Merrithew®ホスト・トレーニングセンターです

1

「改札出てすぐ」
​アクセス良好

東急東横線 大倉山駅の改札を出て「目の前」という好立地!雨の日でも気にすることなく通いやすい立地です。

大倉山駅は主要な横浜駅と新幹線の停車する新横浜駅どちらからもたった10分2023年3月の相鉄・東急線開通により更に便利に!

横浜駅/新横浜駅から
電車で10分

資格取得までの
手厚いサポート

資格取得のための練習時間確保を応援するため、格安でマシンレンタルを実施。受講済みコースの見学無料など資格取得を徹底応援!

3

当スタジオの特徴
スケジュール
LOGO 01_edited.png

養成コース開催スケジュール・料金

Line-01.png
フロー
LOGO 01_edited.png

養成コースの受講フロー・資格認定

Line-01.png

次回のコース開催予定は未定です

■初中級マットコース(IMP)

■初中級リフォーマーコース(IR)

LEVEL 1
- 初中級 -

IMP

Intensive Mat-Plus ™ 2nd Edition

初中級マットワーク

(※1)

初中級リフォーマー

IR

Intensive Reformer 2nd Edition

(※1)

初中級キャデラック
・チェア・バレル

ICCB

Intensive Cadillac Chair Barrels

(※2)

LEVEL 2
- 上級 -

上級キャデラック
・チェア・バレル

ACCB

Advanced Cadillac Chair Barrels

上級マットワーク

AM

Advanced Matwork

上級リフォーマー

AR

Advanced Reformer

ISP

Injuries & Special Populations

傷害と特殊条件プログラム

(※3)

(※1)「初中級マット(IMP)」と「初中級リフォーマー(IR)」はどちらからスタートしてもOKです。

(※2)「初中級キャデラック・チェア・バレル(ICCB)」はIMPもしくはIRの受講が完了している場合にのみ受講可能です。


(※3)「傷害と特殊条件プログラム(ISP)」とは、クライアントの様々な身体的課題に対処するために必要なスキルを身につけるためのコースです。例えば、腰や肩、膝、股関節などに特定の疾患をもつクライアントへはどのようにアプローチするのが最適か、また各疾患や身体的課題に関する知識を学習することができます。ISPを受講するには、以下のいずれかのコースの修了が条件です。
  - 初中級マット(IMP)
  - 初中級リフォーマー(IR)

STOTT PILATES®資格認定種類

STOTT PILATES®は皆様がキャリアをデザインしやすいよう、上記のように多様な認定資格をご用意しております。

マットだけの資格やリフォーマーだけの資格を取得することも可能ですし、マットとリフォーマ、キャデラック等をまとめて取得することも可能です。また、初中級のLEVEL1(筆記と実技)だけを取得して、のちに上級のLEVEL2(実技のみ)を取得することも可能ですし、LEVEL1とLEVEL2を一緒に取得することもできます。

全ての種類のLEVEL2まで取得し、Injuries & Special Populations (ISP) コースを完了すると「フル認定」となります。

​・どのように資格を取得するのがベスト?
・自分に合ったコース受講の進め方は?

迷った方は、問合せフォームからお気軽にご相談ください。無料の個別説明(30分)も随時受け付けております。

お気軽にお問合せください

成長をサポートする継続学習「CEC制度」

LOGO 01_edited.png
Line-01.png
CEC制度

STOTT PILATES®には、資格取得後のインストラクターたちの学びと成長をサポートするための「CEC制度」があります。「CEC制度」というのは、インストラクターが毎年STOTT PILATES®が提供する多彩なワークショップの中から自分に必要なものを選択し受講し、一定のCEC(0.6CECs=6時間分のワークショップ)を取得することで、STOTT PILATES®インストラクターとしての資格を継続することができる制度です。

今どの団体のピラティス資格を取得しようかと悩んでいらっしゃる方の中には、この制度が費用もかかるし、面倒だと感じる方もいるでしょう。

しかしながら、
ピラティスインストラクター資格は取得することがゴールではありません。インストラクター資格を取得した後、全員必ず遭遇するのが現場での多様なニーズの実態です。S
TOTT PILATES®は養成コースの中でも個人の姿勢や可動性に応じた多彩なバリエーションを習得することができますが、実際に多くのクライアントの身体に対峙していくと、更に特殊な知識やバリエーションが必要であることに気づきます。

例えば、妊娠中の方、高齢者、肩に痛みのある方、ゴルフのスキルを高めたい方など、クライアントの目的や状況は多岐にわたります。一人ひとりへ最適なセッションを提供するためには、更なる知識や技術、バリエーションが必要となってきます。

STOTT PILATES®の提供するワークショップでは、こうした多様なニーズに対応するための知識や最新の運動科学を学び続けることができます。この継続学習制度こそが世界中のSTOTT PILATES®インストラクターの質を一定の水準に保つことに貢献しているとも言えるのです。

専門性を高める「スペシャルティ制度」

LOGO 01_edited.png
Line-01.png
スペシャルティ制度

スペシャリストへの道

STOTT PILATES®のワークショップには、プロとしての独自性を発揮するための9つのカテゴリーが用意されており、各カテゴリーの中で8つのワークショップを修了した場合、STOTT PILATES®スペシャリストの認定を受けることができます。資格継続に必要なCECを取得するとともに、特定の分野で専門性も高めていける制度です。

​あなたの興味の強い分野は何ですか?
どのような分野で貢献していきたいですか?

ご自身のキャリアや強みを考えるきっかけにもなるこの制度をうまく利用して、他のインストラクターとの違いを作っていきましょう。

 

スペシャリストカテゴリー

special_icon01.webp
special_icon02.webp
special_icon04.webp
special_icon09.webp
special_icon08.webp
special_icon06.webp
special_icon05.webp
special_icon03.webp
special_icon07.webp

Active For Life アクティブな生活のために

Athletic Conditioning アスリート向けコンディショニング

Golf Conditioning ゴルフコンディショニング

Post-Rehabilitation Conditioning​ リハビリ後のコンディショニング

Pre & Postnatal 出産前後

Group Matwork マットワーク・グループ

Group Equipment マシン・グループ

​Dance ダンス

Interdisciplinary 複合的トレーニング

banner-3.png
bottom of page